耐震性能

安心の耐震性能を

標準べた基礎

ALOHA100は、全棟べた基礎工法

 

家の荷重を底盤全体で受け止め面で支えます。

 

直下型地震のような下から突き上げる力にも有効です。

 

地面をコンクリートで覆うので、地面からの湿気を防ぎ、シロアリや害虫も侵入しにくくなります。

 

布基礎とちがい、地面をコンクリートで覆うため、コンクリートや鉄筋、掘る土の量などが増えるため大手ハウスメーカーではオプション扱いになっていることが多いようです。

構造

日本古来の在来工法と、2×4のモノコック工法を合わせたハイブリッド構造

 

柱は□120の集成材を採用。無垢材の1.2~1.5倍の強度があります。

 

2階床は剛床構造により、水平構面に掛かる力を受け伝える役割があります。

 

耐震性能

耐震基準には3つの種類があり、ALOHA100 は、「等級3」の耐震基準を採用しています。

 

等級1

震度6強から7の地震で倒壊崩壊せず、震度5強程度の地震で損傷しない程度(基準法で規定される耐震性能)

 

等級2

上記の地震力の1.25倍の地震に対抗できる(公共施設の避難場所と同等)

 

等級3

上記の地震の1.5倍の地震に対抗できる

構造安全性チェック

ALOHA100では、すべての住宅について、コンピューターによる構造解析により耐震等級の判定と安全性を確認しています。

 

チェックの対象となる項目は次の9項目です。

 

  • 壁量計算、偏心率、4分割法、N値計算、耐力壁線間距離
  • 柱直下率 、壁直下率、耐力壁直下率、隅角部耐力壁無

 

すべての住宅について、コンピューターによる構造解析により耐震等級の判定と安全性を確認
すべての住宅について、コンピューターによる構造解析により耐震等級の判定と安全性を確認