なぜ「超断熱」?

長野県の家は「超断熱」へ

ALOHA100 の超断熱で、

ヒートショックを無くし、カラダの負担を減らします。

 

病院の中って、どこでも快適な温度に保たれてますよね。

 

それは、患者さんのカラダに負担をかけないためです。

 

みなさんのお宅はどうですか?

 

帰ってきたとき。玄関に入ったとき。快適に感じてますか?

 

逆に、仕事場より暑かったり、寒かったりして疲れが取れないのではないですか?

 

家中を暖かく涼しく保つには、住宅が「高断熱・高気密」をはるかに超える性能を備えなければなりません。

 

なぜなら光熱費がかさんでしまい、全館快適にすることが難しいからです。

  

夏に暑くなってしまうのでは?

とお考えの方もいるかと思いますが、外部との温度差を確保するのが「超断熱」なので、真夏も家中が涼しく快適です。

 

夏場の外気との温度差は、せいぜい35-25=10℃

 

冬場は、0-21=-21℃

 

暖冷房期間は、夏場が1か月、冬場は4か月

 

この結果からいかに冬の方がエネルギーを使うのか、はっきりとわかります。

 

しっかりとした断熱シールドが家を寒さや熱から守るので、冬暖かく、夏涼しい。

これが「超断熱」です。

家全体が冬でもエアコン1台で。

「超断熱」は家の中の温度を逃がさないので、驚くほどに超省エネルギー。

 

ですから、小さなエアコン1台で、冬も夏も家中が快適なのです。

  

しかも超ローコスト運転で、お財布にも優しいんです。

 

※夏は逆に家の中が涼しくなります。それは、夏場は太陽の光が家の中に差し込まないよう、その土地に合わせた窓の設計をするからです。

「超断熱」の施工事例

吹き抜けを2階から。
空気が循環する仕組みになっています。


ALOHA100の「H」は「吹き抜け」の 意味。

開放的でカラダにやさしい住宅です。

冬暖かく、夏涼しい「超断熱」。
ソファーでの読書も快適です。

ご家族の健康を支える暖かく、明るい気持ちのいい吹き抜け空間。


「超断熱」の室内温度とランニングコスト

「超断熱」住宅の室内温度は、夏・冬でどのようになるのか

 

そのための光熱費はどのぐらいかかるのか

 

実測データをもとにご紹介します。

 

 

本当のことを知ってほしいヒートショック症候群

ほとんど知られていませんが、

 

交通事故で亡くなる方が年間 4,100人になのに対して、ヒートショックで亡くなる方は年間 約1万7000人 もいるのです..。

 

住宅をつくる前に、ぜひ「ヒートショック症候群」の本当のことを知ってくだい。